Sad woman concept
レボフロックスの購入はこちら>>

女性が危険な病気

a woman has sad face

女性に気を付けていただきたい性病といえば、なんといってもクラミジアです。クラミジアは日本で最も多い性病で、ピーク時には女子高生の10%程度が感染していたといわれています。
ちなみに、同じ年の男子高校生の感染数は全体の6%といった感じだったので、感染リスクは女性の方が圧倒的の高いといえます。

クラミジアの症状の恐ろしい点は、自覚症状に乏しい点にあります。クラミジアの症状はほとんど皆無で、ごくまれに痛みや不快感などの症状があらわれる程度です。
無症状ゆえに感染に気付かない方や、治療を後回しにしてしまう方が多いのですが、クラミジアの本当の恐怖は感染を放置した際に起こります。
クラミジアの病状が進行すると、卵管炎に発展し、それが原因で不妊症や子宮外妊娠が起こる可能性があります。クラミジアの感染に気付かないゆえに症状が悪化し、取り返しがつかない例も多いので、女性は定期的に性病検査を行うことが必要だといえます。
おりものの量は腹痛など、わずかなサインも見逃さないようにしておきましょう。

クラミジアも最近による感染症なので、レボフロックスで簡単に治療ができます。レボフロックスを一週間ほど服用すればすぐに完治しますので、治療の難易度は低いといえます。
難しいのは、感染に気付くかということです。感染に気付くことができればレボフロックスですぐに治療ができますが、感染に気付けなければいつまでもレボフロックスを利用する事もないでしょう。
クラミジアに気付くためには性病検査を行うしかありません。自分である程度の期間を定め、定期的に性病検査を行う必要があるといえるでしょう。
自分が特定の相手としか性行為をしていない場合でも、パートナーの浮気などで感染してしまう可能性があるのを忘れてはなりません。あらゆる可能性を考えると、少なくとも一年に一回ずつは性病検査を行うべきだといえるでしょう。
いつ感染するかわからない以上、やはりレボフロックスは持っておいた方が安心です。